ほびぃ‐えんたていめんツ+ [MCS Edition]

雑記とToyレビューと制作日記の電波気味ブログ (since 2005/06/13)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月28日

PSP全ッ然使ってない(ソフト3本しか持ってない)のに、PSP2とか(;´Д`)

・少女の瞳
最初のほうの残念な感じの絵から、急に京アニクオリティに上がりましたですよ?何があったんだ・・・。
と、思ったら今までの分はOVAかなにかの古い絵も混じってたみたいですね。ふーん。

ストーリーの方もようやく分かってきましたが、それ以上に絵と音楽が美しい。ちょっとジブリ作品っぽいけど、映像が綺麗なだけで十分惹きこまれます。あんま期待してなかったけど、これはなかなかイイカンジです。


・とらドラ
ここんとこ微妙でしたが今回は面白かった。みのりんマジ切れすぎ。
けど、鬱憤晴らし的なお話はあまりなくて、割と自己解決が多かった中では珍しい展開ですな。
新OP、EDともにとっても良いので、最後にオレンジに入っていくのがグーです。


・キバ
ようやく最終回まで見ました。もうディケイド始まってるのに。
やっぱイマイチでしたが、最後の最後で渡がかっこよかったので、そこらへんは高評価。とはいえ過去の音也のダークキバ→イクサ→ダークキバの流れを超えるのは無いね。
キバは主人公音也で全部作っても普通に面白かったんじゃないかなぁ・・・。

ただ、全編通して玩具が全く欲しくならないってのはちょっと問題な気がするなぁ。かろうじてイクサベルトが欲しいかなーってくらいですが、明確な変身ポーズやアクションがキバになかったのが痛かったのかも。


-----------


・本
ゲームとかプラモとか玩具とか絵とかばっかやってると活字を読むのがインターネットのWEBページのみ、みたいになっちゃうので意識して本を読まんといかんね。
さいたま市中央図書館がでっかくて綺麗でよく行くようになったのもあるけど。

というわけでナドレは削ってるだけだし、ネタもないので本ネタ。

っていきなりラノベかよ!
ヤングコーナーを覗いたらハルヒシリーズのうち、これだけ残ってたんでなんとなく借りてしまいました。

2年くらい前にキノの旅を読んで、そのあといくつかライトノベルに手を出したのですが、どうにも好きになれませんが、これはなかなか面白かった・・・かな。
が、やっぱあの文体は慣れないなぁ。和書読むの久しぶりだったのもあるけど。(洋書つっても訳書だけどね)



ヒトラー最期の12日間。映画になったらしいですが、そんなことも知らずに読んでました。

歴史書ですが、小説・・・というか物語っぽくなっていてとても読み易かったです。かたっくるしい考証とか特になく、ヒトラーと側近の最期の生活が描かれている感じ。
つっても一応歴史書なのでヒトラー観も書かれてますが、その前に読んだヒトラーの秘密の生活があんまりにもあんまりだったのでそこらへんも分かりやすかった(笑)

正直これが正しい!とかって思わず、「こういう考えの人もいるんだなー」程度に読まないと、ヒトラー関係の本は読む勇気がでないのう。

他にも読んでますが、本の紹介は記事にしても誰が得するわけでもないのであんまりネタにならんね・・・。


-----------



宇宙をかける少女のOP、裸々イヴ新世紀。OPアニメーションと驚くほどあってない曲ですが、アリプロにしては割とフツーな曲なのでややアンチ気味な俺でも結構聴けます。

2期OPは栗林みなみさんにぜひ歌ってもらいたいですが。私は新しい舞HIMEとして見てるんで(笑)


« HGガンダムナドレ3|Top|HGガンダムナドレ2 »

コメント

コメントの投稿

※現在、「http://」を禁止ワードにしています。

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

ひ~たん

Author:ひ~たん
□Twitter/□Tumblr
-------------
E-mail
hiitan0422♪yahoo.co.jp
♪→@で

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。