ほびぃ‐えんたていめんツ+ [MCS Edition]

雑記とToyレビューと制作日記の電波気味ブログ (since 2005/06/13)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUCジム・クゥエル制作日記2

そのに。 作った当時はスジボリにしてごまかす予定だったらしい頭部は、やっぱり分割線が気になるのでマスキングして接着しました。ジムは顔をマスキングした方がいいという定説はホントみたい。


カトキメカだからやっぱりカトキ立ちさせたい!というか薄々気付いてたけど、前回のガンダムで確信した。リアスカートの可動は超重要。今頃気付いたよ。
ってわけでリアアーマーの可動化にチャレンジ。

まず基部。ジムクゥエルの場合、リアアーマーと股関節パーツでポリキャップを挟み込むようになってるので、切り離したあと、プラ板で固定。リアアーマーが別パーツで取り付けられるタイプのキットならこんなことやらんでもいいんですが・・・。
で、スカートを切り離し、軸が通るような穴を開けました。


んで切り離したスカートは軸を接着。丸いプラ棒持ってないのでそこらへんに転がってたランナーを使用。プラモなんざ10年分くらい余裕で余ってるからランナーには事欠きません。なんか悲しいですが。

あとはちょこちょこ修正するだけでいいかな。初めてだったから試行錯誤しつつやったので、大分苦戦しました。可動工作なんていつもやらないし。


お約束のフトモモ3.5ミリ延長。


下半身だけ組み立ててみました。このキット、無改造で足を八の字に開けるのでカトキ立ちさせやすいです。

うーん、気にならなかったけど、ちょっとスリッパがイマイチかなぁ。でもここ弄るとなると面倒だしなぁ。どうしますかねー。

« 4月22日|Top|HGUCジム・クゥエル制作日記1 »

コメント

コメントの投稿

※現在、「http://」を禁止ワードにしています。

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

ひ~たん

Author:ひ~たん
□Twitter/□Tumblr
-------------
E-mail
hiitan0422♪yahoo.co.jp
♪→@で

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。