ほびぃ‐えんたていめんツ+ [MCS Edition]

雑記とToyレビューと制作日記の電波気味ブログ (since 2005/06/13)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/30

D7K_1820-1.jpg
上野公園にある、国立科学博物館でやってる恐竜博2011に行ってきました。7月頭からやってたのですが、気付いたらもう終わりそうだったので慌てて・・・。


D7K_1760-1.jpg
トリケラトプスとティラノサウルスの骨格標本が目玉。というわけでトリケラトプスです。みりゃ分かるか。


D7K_1785-1.jpg
んでティラノサウルス。
両方共新仮説を元に標本を組み直して初公開というわけで、たしかにティラノサウルスがこんな座り込んでるのは初めて見ますね。

とはいえ同チケットで見られる常設展の方でもこの2大恐竜の標本は見ることができるので、目玉としては若干弱いかなーと感じないこともないです。
あと、今年で始祖鳥の化石を発見して150周年らしく、鳥類と恐竜の関係性に関する事柄も多く、どちらかと言うとこちらのほうがボリュームがあったかなーという印象です。

でもまぁ、デカい骨見られるし、骨なのにカッコイイし、満足満足。


さて、D7000を買って1ヶ月ほど経ちましたが、素人が使うには十二分な画質です。
上2枚の化石の写真ですが、フラッシュ発光禁止の薄暗い中でしたが、ISO1600あたりまで普通に上げられるおかげで普通に撮影できました。
使用したレンズ、DX35mmF1.8Gが明るいということもありますが、RAWで撮って現像すること前提ならば、ISO1600は普通に使えるな、という印象です。
ポートレートで綺麗な肌色を出したいとかなら、またちょっと話は変わってきますが、まぁ常用できると思います。

なので人物撮影でかっちり撮りたいときはISO400程度まで、それ以外なら800、それでも無理ならRAW前提で1600まで必要に応じて使えるカメラという感じです。

弊害というわけではありませんが、1600万画素もありやがるのでRAWのファイルサイズが大きく、調子に乗って撮りまくってるとPCのHDDの容量がすぐいっぱいになってしまいそうです・・・。
SDカードも、8GB+4GBをデュアルスロットで使っていますが、それでも大きなイベントとかだと不安になります。

そんなわけでD7000のキャッシュバックキャンペーンもそろそろ終わりですし、値段も私が買ったときよりさらに下がっていますので、テキトーにレビューと。



« Nikon AF Nikkor 85mm f/1.8|Top|D7000 »

コメント

コメントの投稿

※現在、「http://」を禁止ワードにしています。

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

ひ~たん

Author:ひ~たん
□Twitter/□Tumblr
-------------
E-mail
hiitan0422♪yahoo.co.jp
♪→@で

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。