ほびぃ‐えんたていめんツ+ [MCS Edition]

雑記とToyレビューと制作日記の電波気味ブログ (since 2005/06/13)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年オーストラリアGP

1 バトン(ブラウンGP)
2 バリチェロ(ブラウンGP)
3 ハミルトン(マクラーレン)
4 グロック(トヨタ)
5 アロンソ(ルノー)
6 ロズベルグ(ウィリアムズ)
7 ブエミ(トロ・ロッソ)
8 ブルデー(トロ・ロッソ)

2009年緒戦。とにかくマシンがダサくて仕方なくて笑える。なんだかなぁ。スリックタイヤもソフトとハードが分かりづらくなった感じもあります。これはたいした問題じゃないけどね。

ホンダが突然いなくなって、急遽ブラウンGPとして参加になったわけですが、なにこの速さ。去年までフォースインディアとレースしてたチームとは思えません。
マジで何が起こったんだ?バトンは3年ほど前にやっと一勝したって感じだったのに、今年開幕あっさりP2Wとか。
バリチェロはスタートがダメだったんですが、残り3周で2,3位が一緒にいなくなったおかげで2位。でも、壊れたマシンであれだけ走れてたんだから恐ろしい。
どうでもいいですが、白いボディにホイールキャップの色がアクセントになってて映えますね。

トゥルーリは表彰台でしたが、ペナルティで結局ポイント外。グロックも上位に入ってるので、トヨタは割りと好調ですね。

去年あれだけ別格の速さだったマクラーレンとフェラーリがとにかくパっとせず、レース中も速かった印象がありませんでした。
が、終わってみるとハミルトンが表彰台というのはさすがというか。
フェラーリもマッサは結構頑張ってた気がしますが、リタイア。マシントラブルは珍しいね。
まぁ、この2チームはほっといてもシーズン中盤には速くなってるだろうから心配いらないと思いますが。

アロンソ。ルノーのマシンで5位入賞は本当に素晴らしい。あまり映像に映って無かった気がしますけど、実力は現役一位じゃないかなー。
ピケも、まだいたのかよって思いながら見てたらそこそこ頑張ってましたな。接触をさけるカタチで自滅スピン。ピケはもっと完走しなきゃだめだよなぁ。

ウィリアムズは2台ともハイライトがあっていい初戦だったんじゃないかなー。一樹は惜しい気もするけど、あれは普通に防げたような気も。ニコはそろそろ結果出さないと、ウィリアムズで終わってしまう気が。

そしてトロ・ロッソがダブル入賞!ベッテルも途中まで2位走ってたし、もうレッドブル勢は十分速いんじゃないですか。ブエミはいきなりポイント。地味な感じなので気づいたら結構良い位置にいそうな予感。
個人的にはベッテルよりも頑張って欲しいブルデーも、トゥルーリがいなくなったおかげで入賞してますよ。うむ、来年以降もぜひF1でレースして欲しいですね。

今回ハイドフェルド、ウェバーあたりの存在感が激薄。去年目立ってたのに・・・。
あと、フォースインディアがひょこひょこいいポジションにいて、なかなか面白かったです。

しかし、KERSシステムは説明だけじゃ全然分からないんですが、オンボードでグラフィックで表示されるとなんだか分かりやすい・・・というか楽しいね(笑)
ようするにブレーキ踏むとキノコがもらえるわけか。そのかわりブレーキの挙動がグラグラですが。

そんな開幕戦。今年は分からなくなりそうだなー。

« 3月30日|Top|3月28日 »

コメント

コメントの投稿

※現在、「http://」を禁止ワードにしています。

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

ひ~たん

Author:ひ~たん
□Twitter/□Tumblr
-------------
E-mail
hiitan0422♪yahoo.co.jp
♪→@で

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。