ほびぃ‐えんたていめんツ+ [MCS Edition]

雑記とToyレビューと制作日記の電波気味ブログ (since 2005/06/13)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D7000

D7K_0134-1.jpg
D7000買いました。

D3000を1年半ほど使ってきましたが、やはり高感度撮影ができないのが厳しく、外部ストロボを使用してだましだましやってきましたが我慢ならず・・・。
ストロボ使用でも室内撮影はいけるっちゃいけるんですが、結局画質的にISO200くらいまでしか感度を上げられず、フル発光させていると連射不可、SSも上がらず被写体ブレが多くて困っていました。

D5100が出た時点でD5100を狙いで、価格が下がってきたのでそちらにしようかと思ったのですが、D7000が1万円キャッシュバックキャンペーンをやっていたので、この2機種で悩んでました。
結局、D7000が83kにキャッシュバックで実質73k、D5100が最安55k前後なので、価格差が2万円ないというところもあり。
D5100のキャッシュバック待ってもいいけど、そうやってるうちに撮る機会どんどん減っていくしね。早い方がいい。


D7K_0134-2.jpg
(iPhone3GSで撮影、後ろはD3000)
D3000で不満だった、高感度撮影と液晶モニターの解像度という点でD5100はD7000の画質を軽量コンパクトなボディで持ち歩ける!!とそっちで十分かなーと思ったんですが、2ダイヤルの操作性やファインダーなど、画質以外の使い勝手の部分でD7000が良く、こちらに。

まぁあとエントリー機からエントリー機に乗り換えてもまた不満でてくるだろうし、それなら最初からミドルエンドでずっと使い倒した方がいいな、と。多分コレ以上を望むことはないと思います。D300以上はでかくて重いので。

まだ50ショットくらいですが、D3000で感じた不満は一切ナシ。2ダイヤルで設定をぱぱっと変えられるし、ファインダーは視野率100%で見やすいし、ISO800くらいなら余裕余裕、1600もスナップなら使える感じ。
D3000はISO200なら画質的には全く問題なし、400で暗部ノイズが気になり、800だと厳しい感じ。
人物撮影がメインなので、肌にノイズが乗らないラインは200でしたが、D7000なら800~1200くらいまで使えますね。

とはいえ、晴天時に同じレンズで風景とか撮っても、違いはあんまり分からない・・・やや、高精細になったかなという感じはしますが(葉っぱとか)D3000でも1000万画素ありましたし、感動はそれほどないかな・・・。
僕が違いがわかってないというのが一番大きいだろうけれど。

D7K_0134-3.jpg
で、最後まで悩んだのが、サイズと重量。
店頭で持ってみると、D3000に比べ、明らかに大きく、重い。D5100はすごく軽いですし、小さかったので、悩みました。
基本持ちだして使うのでここは重要でしたが、ネットや雑誌でレビュー見てもフルサイズ機のサブでこれを使ってるような人が「軽い!小さい!」とか言っててまったく当てにならんという・・・。
店頭においてあるのは、肩にかけた感じとか分からないんですよね、持つだけしかできないので、持ち歩いてるときの想像ができない。

でも、杞憂に終わりました。たしかに大きくはなってますし、重いですが、ストラップつけて一日引っさげててもいつもと変わらない印象(まぁ、重いズームレンズ持ってないからだろうけど・・・)。
これなら全然問題ナシです。あーでも500g級のレンズだと分からないなー。システム全体で1kgいっちゃうしね。


人物撮影が多く、動画撮影も必要だし、室内も多いし・・・、というわけで、D7000+35mmF1.8Gは今のところ最強です。
購入1日目の不満点としては、fnボタンとプレビューボタンに割り当てられる機能が、あまりに微妙なところかな。まぁ追加したい機能もないんだけどさ。
あと、よく言われてますが、一部マグボディの堅牢性と裏腹に各部のカバーがしょぼいのはあたってました。
バッテリーカバーはD3000のが頑丈そうですし、パワーコネクターカバー(右小指付近の電源接続部のカバー)がちょっとした拍子にパタパタ開きます。

ま、どうしようもないのであれこれ言いませんし壊れなきゃいいので、放置。あとは元をとるくらいシャッターを切りまくるだけです。
スポンサーサイト

8/4

suitgirlmono.jpg

絵柄を変えてみようと思ったけど、目のカタチがいつもと違うだけなんじゃないかと、今見て気付く。
SAIのためにiMacにBoot CampでWindowsを入れて使ってるんですが、SAI以外はクリーンインストール直後のような状態なため、誘惑がなくて比較的作業が進みます。



続きを読む »

Top

HOME

ひ~たん

Author:ひ~たん
□Twitter/□Tumblr
-------------
E-mail
hiitan0422♪yahoo.co.jp
♪→@で

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。