ほびぃ‐えんたていめんツ+ [MCS Edition]

雑記とToyレビューと制作日記の電波気味ブログ (since 2005/06/13)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊モデルグラフィックス8月号

【お知らせ】
mg20118.jpg
今月25日発売の月刊モデルグラフィックス8月号にて、バンダイ マスターグレード ウイングガンダム(EW版)の作例をやらせていただきました。

スポンサーサイト

figma牧瀬紅莉栖

アニメも放送中なシュタインズ・ゲートですが、原作であるゲーム(Xbox360版)をお知り合いからお借りすることができたので遊んでいました。
発売自体はちょっと前という感じですし、続編(というかスピンオフ)の比翼恋理のだーりんが発売したばかりなので今更感はありますが、非常に面白かったです。
面白くて、続きが気になって、ひたすらやってたら4日ほどでクリア。実にうまいことまとまっていて良いですわー。

アニメは録画はしていますがまだ見ていません。こちらも時間を見つけて見ていこうかなと思っています。

で、
DSC_5888-1.jpg
(僕にとって)ちょうどいいタイミングで発売されたfigma牧瀬紅莉栖をばっちり購入。
発売日に逃していましたが、二次出荷分を発見して無事ゲットです。


DSC_5918-1.jpg
久しぶりのfigmaですが相変わらずクオリティが安定してていいです。
造形は似てる・・・んだけど、まず元絵というかゲーム中のCGが、上から細かいエフェクトをかけたような特殊なイラストなんですが、これは普通のフィギュア塗装なのでそこに若干違和感を感じるかもしれません。

そもそも立体なので、そんな事言っても仕方ないし個人の感覚ですが。他は文句なし。凛としててかっこかわいいです。
ところで、ゲーム中はバストアップばかりなので気に留めてませんでしたが、このキャラクターデザインはすごいマニアックですね。。。
ほぼ画面に映らなかったクツ周りのデザインがかわいいです。


DSC_5966-1.jpg
ウインク顔は結構使いやすいです。手首はいつもの。ただ、袖のライン部分が別パーツで手首交換時に一緒に取れてちょっといらり。
手首可動に干渉するのでここは普通に腕パーツと一体でも良かったかな。


DSC_5952-1.jpg
ドクペ。


DSC_5987-1.jpg
サイリウムセーバーと怒り(?)顔。
どっちも本編では使わないし見せない表情なのでキャラ的には微妙ですが、アクションフィギュア的には遊びの幅が広がって戦闘ポーズがとれるのでいいかな。
いや、戦闘しないんだけどね。個人的には照れ顔のがよかったなー。


DSC_5973-1.jpg
腕組みは腕ごと交換。
私服セイバーの座り足などもそうですが、figmaは固定フィギュア、というかむしろトレフィグかな、このあたりの考え方を上手く取り込んでて良いですね。
可動範囲を無理して広げて再現するのではなく、パーツ自体を固定のものと交換して見栄えをよくするというのは、オプションに無理がでないこのサイズならではだと思います。


と、今回写真の雰囲気がバラバラなのは光源が違ったりJPEGままとRAW現像したやつが混ざってたりするためです。
もうちょっと写真頑張りたいなぁ。。。


シュタゲキャラが続くのか分かりませんが、ラボメン8人は欲しいですね。ドラゴンナイトを全員出したならこちらもお願いしたいところです。


HIQ PARTSさんでデカールプレゼント中

【お知らせ】
ディテールアップパーツファクトリー HiQparts ハイキューパーツ
プラモデルのディテールアップパーツを開発、販売をしているHIQ PARTS(ハイキューパーツ)さんとご一緒にお仕事させていただきまして、この度私が(半分ほど)デザインしたデカールが完成しました。

詳細は以下です。
デカール画像
[3000円以上お買上げにつき3枚セットでプレゼント※要申込]非売品グラフィックデカール(ホワイト・グレー・スカイブルー各1枚)

ハイキューパーツさんで3000円以上お買い上げで3色(3枚)1セットでプレゼントになっています。
もしくはこちらのアンケートにお答えいただいた方に1枚差し上げる形になっています。
また、定数に達し次第終了となっています。

購入時に申し込み(カートに入れる)をしないといけないそうなので、ご注意ください。

ホワイト、グレー、スカイブルーの3色で、左半分の3種類のデザインを私がやらせていただきました。右半分はハイキューパーツさんデザインになっています。
スカイブルーは私のリクエストです。白地に貼れば清涼感のある作品になるのではないかなと思います。

で、私のところにもサンプルが届きました。(クリックで拡大します)
hiqd01.jpg


hiqd02.jpg
自分のデザインしたデカールが手元に届くとやはり嬉しいですね。印刷精度、発色ともに非常に良く、ハイキューパーツには感謝、感謝です。

市販されているデカールにはあまりないデザインになってると思うので、使い方次第でいろいろと楽しめると思います。
3枚セットでもらえるので、この機会にぜひご利用くださいませー。

6周年

girl46agesblog.jpg

ブログ6周年です。と、いうわけで記念絵です。勝手に記念して勝手に描いてるのでそろそろ恥ずかしくなってきました。
半年ぶりにSAIを使ったというかイラストらしいイラストを描きましたが、それなりに楽しかったです。

あ、そうそう6年目だけど特に何もなく、続く限り続けようと思います。更新頻度ガタ落ちだけどね。
のんびりやっていきますですはい。これも毎年言ってるような気がするけどもw

SIGMA ELECTRONIC FLASH EF-530 DG ST (Nikon用)

普段から室内撮りが多いですが、それでもモノであれば3脚を使っていましたが、最近屋内ポートレート(っていうほどでもないな、ただのスナップだな)を撮る機会が多いのでスピードライトを購入しました。

DSC_5477-1.jpg
SIGMA ELECTRONIC FLASH EF-530 DG ST (Nikon用)です。
07年発売の型落ち。現在は610 DG STが後継機かな。

ニコン純正ストロボのミドルエンドのSB-600がAmazonで2万円ほどだったのですが、そのときはへーそーなんだーくらい。
後継機種らしきSB-700が出て在庫分のみで安くなってたっぽいのですが、そんなこと知るはずもなく、気づいたら売り切れていました。
SB-400でもいいんですが、多分使ってるうちにもっと光量のあるものが欲しくなるだろうと思ったんでスルー。あれはあれで小さくてあると便利そうですが。

SB-700は3万円を越えてちょっと手が出ないなーと探したらこいつがSB-400と変わらない価格で売ってたので、高くてもいいから純正にしろというあれやこれを横目に、試しに買ってみました。
さすがに2万円近い差額を考えるとまーもう最悪発光してくれりゃ何でもいいや感も。


DSC_5465-1.jpg
ISO100でガイドナンバー53。このへんさっぱりなんですが、結構光量あるほうなんじゃないかと。
スタンドがついてますが、リモートコントロールできたりする機能はついてないのではっきり言って要らないです。
あとはケース。かなりしっかりした作りでいい感じ。内側にポケットがひとつ付いてるのでホットシューカバーを入れておけるので便利です。


DSC_5475-1.jpg
スイッチ類はOFF-TTL-マニュアルフル-マニュアル1/16ってのと、テストスイッチだけ。シンプルです。
24-105mmの画角をサポートしていてレンズ動かすと勝手にLEDが動いて調節してくれます。じーこじーこ言いますけど。
18mmは発光部前面にワイドパネルを引き出せば対応してくれます。

首は縦で90度ちょっと、横は360度動くので問題ないです。縦持ちで天井バウンスできるよーってことですね。


IMG_6935-1.jpg
(iPhone3GSで撮影)
で、D3000+キットレンズと合体!
まー普通にバランス悪いです。トップヘビーすぎて構えるにしても首から下げるにしてもひたすら微妙。
それはSB-400以外だと多分どれでもそうなったと思うのであまり問題ないです。買う前から知ってたしね。
300何グラムかだったと思いますが、単三乾電池4本入れるのでそれなりにっつうか下手すりゃボディと変わらん重さですね。重い。

使い心地。純正を使ったことがないのでわからないですが、それ以前の問題で、たまに発光しないです。
いや、というより、連続でシャッターを切ったときにときどき2回目の発光がしないときがある、という感じ。
初期不良かもしれないのでひどいようならメーカーに言ってみますが。

あとはモードTTLで天井バウンスさせると、ちょっとアホの子なのか、やたら発光量が少ないことがあり、かなり暗い画ができます。
なので露出を上げて対応するか、逆にマニュアルフル発光させて露出をマイナスに振って調節したりしてます。正直めんどうくさいです。
ただ、フル発光時の光量はかなりあると思います。テキトーにマニュアルフルで撮ってるとバウンスしてるのにまっしろしろです。
なんで光が全然たりねーよってことはないかと。

あとはハイスピードシンクロだとかリモートだとかいろいろ機能がついてないけどそのへんは別に今のところ要らんのでなくてもOK

でも、キットレンズの55mm側で室内でポートレートを明るく撮れるようになったので目標達成です。
35mm単焦点ならさらに失敗が少なくなりましたが、もともとストロボなしでも室内でそれなりに撮れるレンズなのであまり・・・まぁ絞れるようになったけど。

という感じで不満がないわけではないけど今の使い方だとこれで十分、って感じですかね。
お金があるならSB-700買ったほうが全然いいと思いますけど、価格を考えたらこれ以上ないと思います。


追記
DSC_6048-1.jpg
18-55mmF3.5-5.6でストロボつけて撮ってみました。
55㎜F8まで絞って、ストロボマニュアルフル発光でバウンスさせて露出を適当に調整しています。
被写体はレンズ単体で写すのを忘れていた(笑)35㎜F1.8Gとfigma助手。
フィギュアの方はバウンスとはいえ顔は暗くなってしまいますね。レンズの方はスナップでパシャパシャ撮る分には自然なんじゃないかなと思います。

要は、55㎜でF8でISO100だか200だかで手持ち撮影してこんだけ明るく撮れるからいいよね、って感じです。楽ちんです。
D3000がISO800とか1600とか常用できたら別にいいんだけどね。個人的にはISO400でもあんま使いたくないです。


----- ------


DSC_4162-1.jpg
内蔵ストロボ用、エツミ ポップアップストロボディフューザーっていうのも買っていました。
個人手には、これでも35mmF1.8Gを付けてるときなら必要十分です。
35mm単焦点で室内ポートレートを撮るときにはこれ付けておけばいいかな。

ただ、ブツ撮りにはあんまり向いてないですね。それなりに距離をとって撮影するスナップなら簡単にソフトな雰囲気になるので良いと思います。
カメラ+単焦点~標準ズーム程度がぴったり入るタイプのカメラバッグに入れておくだけで、いざというとき使えていい感じでした。



と、いろいろ書きましたが、私自身あまりカメラや写真についてあまり詳しくないので、めちゃくちゃ言ってるかもしれませんが、ど素人の感覚的なことということで。

Top

HOME

ひ~たん

Author:ひ~たん
□Twitter/□Tumblr
-------------
E-mail
hiitan0422♪yahoo.co.jp
♪→@で

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。